ボイストレーニング教室(静岡県静岡市)| よくある質問

よくある質問

お客様からお問い合わせが多いご質問を「よくある質問」としてまとめました。

「よくある質問」内の文書でお客様の疑問が解決できなかった場合、お手数ですが「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。速やかに回答いたします。

現在バンドでうたっていますが、高音になると声が小さくバンドの音に消されてしまうので直したい。

高音が弱いということは、ヴォーカリストとして体が充分に使いこなせていないのではないでしょうか?
高音の練習は、中音域をかなりのレベルまでマスターした上で始めるべきであるというのが私の考えです。
しっかり基礎が出来ていれば高音が出る出ないでつまづくことはそうありません。
喉、首を締め付けているのであれば、基本を身につけてから高音のレッスンになります。
一度、貴方の声を聴いてみないことには、何も言えませんので連絡後、一度お見えになって、なっとくいくレッスンをしていきましょう。

私は、ステージで歌っていきたいと思っています。そんなレッスンをしてもらえますか?

レッスンは、ただ知らないことを知るためのみではなく、知っていることから新たに気づくために、その過程を自らが経験するためにあります。自分の心に生じたことを他人に伝えたいと思う強い欲求が表現の原動力だと思います。
それをうまく取り出すための研究をするところがレッスンの場です。その実際の体験や心は、生活の場、そしてトレーニングの場から得られます。
それを取り出し表現するのがステージだと思っています。ステージは、自分という作品の発表の場です。そこで体験し自ら気づいたものがその人の糧となり精神となります。プロに向かっていくにはとても重要なことだと思います。 大切なのは、基本のあくなき繰り返しです。
私は、ヴォーカリストとは、なろうと思ってなるものではなく、体と声と音楽によって、そういう状態が作り出されて、結果そこにあるものだと思うのです。
そのためには、単に練習すればよいというだけではなく、精神とそれを支える生活、そして考え方、ポリシーが必要だと思っています。ほとんどの受講生が初心者から始めライブを経験しています。ヴォーカルレッスンとボイスレッスン・ライブレッスンを組み入れその方に合ったレッスンを行っています。

ステージで動きながら歌うと上手く声がでません。指導してもらえるのでしょうか??

ヴォーカリストとしてリズミカルに体が動き、上半身を安定させる必要があると思います。まずは歌う姿勢の基本ができていなければ、思うように声が出ないのは当たり前ですね。フォームや息が乱れないよう鍛えるトレーニングもレッスンの中で身につくよう指導しております。動きながら歌うときはブレスも深く素早くできなと息が続かなくなりますよね。「腹式呼吸」をしっかりと身につけて克服していきましょう。ヴォーカルレッスン及びライブレッスンを組み入れその方に合ったレッスンを心がけています。

楽器を弾く事も楽譜も読めませんが入会できますか?

歌も音楽であることにおいては、音楽の知識や理論も最低限必要だと思います。楽譜が読めなくともヴォーカリストにはなれますが、それほど労力のかかることではないので、これを機会に勉強してみてはいかがでしょう。
たとえば、バンドのベースやギターの音のチューニングがはずれているのがまったくわからなかったり、歌のテンポやドラムのリズムを指示できないというのは、決して得なことではないように思います。レッスンの中で楽譜・音・リズム・姿勢は基本ですので、心配なく自然と覚えていくように教えています。
自分のステージをするのに最高の条件づくりをすること、これもヴォーカリストの大きな役割の一つだと思い、レベルにあったレッスンをしています。

ボイスレッスンは全くの素人です。大丈夫ですか?

ほとんどの受講生が初心者ですので心配いりまん。しかし、何を目的に受講されたいのか、自分の気持ちをはっきりしてきてほしいと思います。声を伸ばしたい。 歌がうまくなりたい。歌手を目指している。みなさまざまの思いでレッスンに望んでいます。そんなこともあり、マンツーマンでレッスンさせていただいております。ヴォーカルレッスンとボイスレッスンを組み入れその方に合ったレッスンを心がけています。

私は、中学2年生です。ボーカルレッスンを受けたいと思っていますが中学生でもいいですか?

  年齢の制限はありませんので、やる気がある時に始められるのが良いと思います。
  また、未成年の受講は、入会手続きの時に保護者の承諾が必要となります。

プロを目指す方専用の事務所なのでしょうか?

プロを目指すだけのレッスンは行ってはいません。
「人前で歌えるようになりたい。」「歌手になりたい。」中には、歌いたいのに声が出なくて、耳鼻咽喉のすすめでボイストレーニングしている方もいます。
それぞれにレッスンに通ってくる目的が違っています。スミ事務所では、個人レッスン(マンツーマン)を行っている目的の一つには、そんな所にあります。

マンツーマンorグループレッスンどちらでやっていますか?

マンツーマンレッスンのみを行っております。1対1なので、貴方1人を見て、貴方にあったレッスン内容で行います。

レッスンの見学はできますか?

現在、マンツーマンレッスンのみを行っております。見学はNGとさせていただいております。

レッスンは何時から何時までやっていますか?

基本は12時~21時までですが、希望があれば可能な限り対応致します。

レッスンのスタート時期は?

原則として、月の初めからです。中途からの場合に関しまして、なるべく要望にお答えしております。

レッスンの曜日、振り替えレッスンはできますか?

曜日、時間の固定が基本となっておりますが、体調不良、急用の場合には、相談により別日で振替を対応致します。

服装はなんでもいいですか?

歌を歌う事は、スポーツをする事と同じです。会社帰りなどでは仕方がありませんが、できるだけ動きやすい服装が理想的です。特に初めの頃のレッスンでは、ストレッチや呼吸を中心に、いろいろな姿勢になったりするので、動きやすく、リラックスできる服装でレッスンを受けられると良いですね。

「ミックスボイス」という発声技法を集中的に鍛えさせて頂くことは可能でしょうか?

ミックスボイス (mixed voice)発声が出来るようになったら、高音域を地声のように出せて、響く声を獲得でき幅広く歌えますね。  
人それぞれの歌う解釈で構わないとは思いますが、歌詞によって想いを伝える時など 、ミックスボイスして歌う事は、歌い手としてより幅広く、歌を聴かせる事ができると思います。そんな私の考えから、今の受講生も基本練習の中に、ピッチと共に取り入れてます。

デスボイスなどの発声は教えていただけるのでしょうか?

デスボイス発声が出来るようになったら、シャウトも使いこなせるようになりますね。人それぞれの歌う解釈で構わないとは思いますが、歌詞によって想いを伝える時など、シャウトして歌う事は、歌い手としてより幅広く、歌を聴かせる事ができると思います。そんな私の考えから、今の受講生も基本練習の中に、ピッチと共に取り入れてます。 しかし、どんな発声の中でも群を抜いて喉に負担をかけますので、様子を見ながらになります。基本の発声ができているようであれば喉の負担もかなり減ると思います。まずは、喉声になっていないことです。シャウトも同じ事が言えると思います。

私は、ビブラートが安定してできませんが、教えてもらえるのでしょうか?

ビブラートとは簡単にいうと、音程を微妙に上下に震わせることですが、口先だけになっているため安定しないのではないかと思います。
まずは、基本の腹式呼吸が正しくマスターできていないとなりませんし、横隔膜の運動で息をコントロールできなければビブラートは使いものになりません。
基本トレーニングを練習していくうちに声がひびいてきます。その後、ビブラートのテクニックとして、自分の声域のどんな高さ、どんな母音でも思い道りにつけられてくるまで練習し、ビブラートをとることも、つけることも自由自在にできてくるようになるまで、深い息をしっかりとコントロールして、持続力をつける練習をしないとなりません。

演歌では、こぶしをきかせたあとやフレーズの終わりのほとんどを、大きく声を上下にゆらしてしめくくっています。これを演歌ではビブラートといっているようです。
演歌を歌われる方を何人か教えましたが、演歌とポップス(ロック・洋楽…)のビブラートの使われ方が違います。
私は、自然につく息の流れが声に現れたもの、あるいはそこにわずかに声量を加えたり、響かせたりするために生じるのがビブラートだと経験から思います。

カラオケで歌う時、音程が不安で、声も出なかったりします。人並みに歌えるようになりたいのですが…。

「音程の不安・声が出ない」どの程度か解かりませんが、まずは基礎レッスンをしっかり身につけたら不安定な音程・出なかった声も出てくると思います(腹式・体から歌う)

ビジュアル系のロックを歌いと思いますが、教えてもらえるのでしょうか?

男性ですが、B'zの曲でミックスボイスにもってきけるよう練習させている受講生がいます。シャウトさせながらも高音域ではミックスとても喉に負担がかかり、リラックスしてないと難しいですね・・・。音域を広くし、声量も使います。しかし、どんな発声でも基本ができていなければ喉に負担をかけます。基本の発声ができているようであれば喉の負担もかなり減ると思います。まずは、基本ができているこです。そして声帯のコントロールができることです。

どうも声がうすっぺらく、情熱的に歌えませんが、うすっぺらい声は直りますか??

うすっぺらい声に聞こえるのは、声の共鳴が問題なのではと思います。口の開け方、特に口の奥のかたちが大切です。口の奥の開け方が狭くなっていて、共鳴が少ないために、深い声が出ないという場合があります。腹式呼吸・母音の口の開け方のトレーニング・声に厚みをつけるトレーニングで直したらいいかと思います。アーエーイーオーウー 口のかたちを変えないで声を出してトレーニングしていったら、深い声が出せるようになっていきます。

風邪のときはヴォイストレーニングをしてもよいのでしょうか?

風邪のときの判断も個人差があり、紙面で 答えられませんが、喉が痛いときはやめた方が無難だと思います。
その人それぞれのキャリアやレベルとともに、喉の強さとも関わってくるので最終的には自分で判断していくしかありません。トレーニングの目安としては、喉が痛くなる前にやめるようにしたらいいですね。次の日に喉が痛くなるのは、間違ったトレーニングか、やりすぎの結果だと思ってください。

私は、高校生ですが、受講したあとは、1日どのくらいヴォイストレーニングをすればよいのでしょうか?

基本的にヴォイストレーニングは、質のよいトレーニングを正しく短時間集中して行うもので、だらだらとやっても効果がありません。何時間やるということよりも、毎日わずかでもよいから続ける事のほうが大切です。声が出せない場所・時間帯のときには息を吐くトレーニングだけでもよいですので1日も休まず続けてください。毎日の中で少しずつ、ヴォーカリストとして使える体となってくるものです。

歌っていると喉がすぐに枯れてしまいます。直すことはできますか?

喉に負担をかける歌い方で歌っている証拠です。喉が疲れない声の出し方を学び、自分はどんな原因でどんな場所に力が入ってしまっているのか、レッスンの中で一緒に考えて行きましょう。体も喉もリラックスした状態で出した声はとても気持ちがいいですよ。

高い声は出るようになりますか?

1人1人の声帯が持っている声の音域は違います。その為に高い声があまり出ない人もいます。ですが、自分の声帯が持っている音域を使えていないという原因で高い音が出ない人がほとんどです。それを最大限出せるようにここでは学びます。コツを掴めば、高い声が全然苦しくなく、簡単に出るようになります。

声のクセ、固さをとるにはどうすればよいですか?

まず身体の準備が必要です。それには心身のリラックスが基本となります。問題は感覚でしょう。フォームぎごちなく思っているうちはうまく力を抜いてやるのは難しいのですが、固さが抜けてできているときの状態をしっかりと
イメージで感じとるといいですよ。

歌の練習をしたら、ヴォーカリストになれるか?

なれるかというより、なるかどうかです。

まずはお気軽に無料体験レッスン・無料見学をお申し込みください!

 

スミ事務所のレッスンを見学してみませんか? スクールの雰囲気やレッスンの様子を現場で体験してみてください。一緒に歌ったり、声を出してもらうこともあります。受講前の疑問やお悩みにもお答えしますのでお気軽にどうぞ。

無料見学実施時間
毎週水曜・金曜の18時または19時より約2時間程度
上記以外の曜日・時間帯で見学をご希望の方はお申し出ください。レッスンの見学については承ることが難しいですが、スクールの見学・ご相談は別の曜日・時間帯でも可能です。

無料体験レッスン・無料見学のお申し込みはこちらから

お電話の場合は054-294-7675まで
対応時間:15:00~21:00 (金曜日を除く)

このページのトップへ

現在地:トップページよくある質問